日本生体磁石セラピー協会

 

BIOMAGNET JAPAN

クリス・アーンショー 医学博士、代表カウンセラー


バイオマグネット・セラピー


この治療はバイオマグネット・セラピーと言い、強力な磁石を使用し、安全に体の不調などを改善する治療法です。 米国では身体的、精神的な不調を含めてあらゆる疾患の改善の為に、医師が磁気治療することがあります。このバイオマグネット・セラピーという施術は、鍼灸と似ていて、針の代わりに磁石を使って行います。

 

この革新的な技術が初めて日本で利用可能になりました。

 

お知らせ

2022年1月6日高島平でセラピー開始

セラピールーム (予約制です)。

 



バイオマグネット・セラピーの背景

 

バイオマグネット・セラピーが誕生した背景きっかけは、初期の宇宙飛行士が帰還後に免疫力低下となり、感染症などの病気にかかり易いことからでした。

 

NASAの医師であるリチャード・ブローリングメイヤーは、宇宙滞在中は免疫系に作用する地球の地磁気が人には通用しないことに気づきました。その結果、NASAでは現在、磁気シャワーを使用し宇宙飛行士たちに「脱分極」処理を施しています。

 

ブローリングメイヤー医師の研究を元にして、エイズ患者の治療が改善されました。さらに、スペイン語を母国語とするメキシコ人医師であるゴイズ医師が更にこの研究を進め、バイオマグネティック治療に貢献しました。ゴイズ医師は250の病気が磁気で改善されることを発見しました。

現在このセラピーはスペイン語だけで教えられています。



Goiz Therapy
Goiz Therapy

バイオマグネット・セラピーについて

治療法には多くの側面があります。ここで全てお伝えするのは限界があるため、詳細はワークショップでカバーしますが、おおまかにセラピーは6つの概念に基づいています。1)磁気の法則 2)pH 3)共鳴 4)エントロピー 5)共生 6)シェーディング。 シェーディングとはタマネギを剥くようなものと考えてもよいかもしれません。
 
一番強い症状が解消されると、次に他の症状が現れるので、各症状を別々にクリアしていく必要があります。 そのため、8回以上のセッションが必要ですが、病気の主な原因を取り除くだけでも、クライアントの症状を緩和することができます。
 
上の写真は、小さな磁石を保護となる布に貼り付けたものです。 以下のビデオはバイオマグネット治癒を受けっている方の感想です。



私の経験

 

私は25年以上もの間、成人喘息に苦しみ、仕事や運動などが困難なほどでした。 息切れや胸の狭窄と併せて、中耳炎や肺炎などの二次感染にもよくかかりました。 

 

西洋医学は対処療法なので、副作用を伴うこともあります。私は何年もの間、代替療法を模索してきました。ホメオパシー、バッチ・フラワー、気功、バイオフィードバックなどいくつものセラピーを学びましたが、効果はまり得られませんでした。しかし、私の症状はバイオマグネット・セラピーによって初めて改善され、体の治癒力を高めることに成功したのです。

 

最近、私は足に重い物を落として骨を折りました。 患部に負の磁気をあてると、1時間後には痛みが消えました。 私はギブスを足で固定する治療よりも速く治癒したと確信しています。 また私は、当時患っていた肩の痛み(五十肩)が完全に治りました。そして、痛みの治療法における磁気効果の研究成果により、私は「Escula Superior De Biomagnetism Medico」に認定されました。


私の経歴

在日30年の英国人。ロンドン大学日中文学部卒業。製薬業界と病院で研究し、脳神経学の医学博士取得。
日本語可。





お越しになる前に

  1. ご予約をお取りください。
  2. 施術効果を高めるため、セラピーの間はリラックスしてください。痛みの心配などはありません。緊張されますと、正しい反応が伝わりにくくなります。セラピーの前に、水やお茶をお飲み下さい。
  3. 楽な服装でお越しください。また女性:シャツ、ズボン、ブラジャー(ワイヤOK)、靴下  男性:シャツ、ズボン、靴下
  4. 予約時間を厳守して下さい。送れる場合、セラピーの一部しか受けられない事もございますので、ご了承ください。
  5. お越し頂けない場合、ご連絡ください。2回のキャンセルの後、セラピーを続けることができませんので、ご了承ください。

ご帰宅後

体の解毒のために水を沢山お飲み下さい。